排水管が原因のトイレ水漏れ

トイレの水漏れで多いのは、排水管が詰まってしまうことです。少しでも排水管 水漏れが気になる場合は、早めに対策しないと大きなトラブルに繋がりかねません。今回は排水管が詰まってしまう原因と対策を紹介します。

■排水管が原因で水漏れする症状

排水管が詰まって水漏れする場合、症状として2階のトイレを流して1階のトイレに逆流することがあります。また、複数の場所で同時に水が流れなくなることや、地下や半地下がある建物で排水不良が起こる場合も要注意です。
また、トイレの便器にトイレットペーパー以外の異物を流すことや大量のティッシュペーパーを流すことも排水管が詰まる原因です。男性用の小便器がある場合は、小便器に水が溜まったままの状態になります。



■排水管詰まりの対策

排水管が詰まってトイレの水漏れが起こっている場合は、異物を溶かすため、ぬるま湯を流してみるのが効果的です。ただし、温度が高すぎると便器が割れる可能性があるので注意しましょう。
また、ラバーカップを使用して詰まりを解消するのもおすすめです。便器の中の水を汲みとり、排水路の入り口にカップを押しつけて引き上げます。これらの方法で改善が見られない場合は、業者に依頼して状態を見てもらいましょう。



■まとめ
トイレの水漏れは、放っておくと、さらに詰まって水漏れがひどくなる場合もあるので注意しましょう。場合によってはあふれた水が部屋や下の階に住んでいる住人の部屋に達することもあります。早い段階で業者に原因を調べてもらっておくと安心です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ